どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
本日の仕事の1人「ふりかえり」
再現しない不具合は、再現させる手順や環境、条件が見つかった時点で「勝ち」というか「改修&試験できる」状況に出来る。本日再現させることができた不具合は、計算すると約7万分の1の確率で発生。発見するまでがしんどかった。
論理思考的な考え方と自動試験繰り返しでなんとか辿り着いたけど、もっと短時間で見つけることが出来たかもしれない。

ここは、ひとり「ふりかえり」で改善点を考えてみる。

不具合原因は3パターンまで絞り込んでいた。その3パターン全てに対して、ログ追加をして再現待ちとしていた。再現後の解析結果で、そのうち1パターンが「当たり」。

解決できたのは良いとして、再現前に得ていた蓄積ログを使用した試験で試験を行うことで発見が出来たはずという反省点がある。つまり、「再現待ち」の時間が不要と出来たはず。

完全再現試験の部分を見逃していたことと、再現試験が治具系の関係上で出来なかったことが悔やまれる部分。
さらに言うと、ログ追加作業も再現が出来ていれば余計な部分を実施が不要になった。Try&Errorの解析に持ち込めることで大げさにログを追加しないでも解決できた可能性が高い。

試験容易性の向上、不具合条件と同様のデータ、条件で確認するといった点について、出来る限りやったほうが良いということかな。


KPT的にまとめると…

Keep:
 不具合の絞込みを行った検討は良い(当たりが含まれていたので)
Problem:
 不具合発生時と同等なデータを用いた試験を行っていない
 試験環境の制限で”試験出来ない”ケースがあった。
Try:
 不具合発生と同等のデータ、条件での試験は行うこと
 試験出来ない条件を減らすために、試験容易性を向上させること

今後の糧としましょう。
| お仕事 | 20:30 | comments(0) | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ