どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
クリティカルシンキングDAY1:学びの整理
クリティカルシンキングの1日目(DAY1と呼ぶらしい)。
参加して学んだ内容を整理してみます。

事前課題とか、ふりかえりの実施とか、
結構やることが多く、時間が必要で大変です。
しかし、その分得られることは多かったです。

いくつか、自分が学んだポイントだけ整理しておきます。
「DAY1で学んだことは何か?」

1.「Issue(論点・問い)」を必ず考えるという点。
何について考えているか、話しているかということを必ず考えるという点。
自分はこの点が不足していました。
物事をなんとなく考えた後で、Issueをボンヤリととらえていた。
疑問系で問いを言葉・文書にすることを意識することで、Issueを考えるクセを作りましょうか。
ちなみに「XXについて」という問いを作ることは、具体的でないのでNGとのこと。

2.思考のクセを理解する
上記のような自分の思考のクセを理解することが重要ということです。
クセを理解することで、自分の意識を「クセを直す」方向に強制出来ます。
さて、頑張らないといけませんね。

3.枠組みを考える
この「枠組み」というのが曲者で、「適切な枠組みは」を考えると
知恵熱で頭が爆発しそうになります。
Issueから説明する枠組みを考えるトップダウンの思考流れは、
今までと思考の流れを変えるので、なかなかに難しいですね。
少しずつ考え方を変えるように意識・努力しようと思います。
枠組みは最初は大きく考える。とりあえずは「3つの枠組み」というのは
マジックナンバー的な効果があるらしいです。

4.アラカルト
学んだことの何でもメモです。
・落とし穴注意。
⇒前提が隠れている場合、Issueが不鮮明のケースなどが落とし穴。
 そのケースを把握できること、素早く判断できることが重要。
 ※他にも根拠不適切、論点ズレ、反論の対処漏れなども存在。

・メリット/デメリット/反論への対処/代替案という枠組みは役立つ。
⇒こういった組み合わせがすぐに思いつくようになりたいですね。

・前提を考えることが大事だが、たまには「前提を疑う」ことも必要。

・(講義とは関係ないですが)自分の頭の加速度のかかり方を学んだ。
⇒エンジンのかかりは遅いけど、一旦アイドリングが完了すると
 ある程度の思考速度で突っ走ることが出来るみたい。
 なので、突然の質疑応答は苦手だけど、
 しっかり考えるとそれなりな考えが出せる、のかも?

5.反省点と改善点
・課題の提出がものすごく遅かった(早めに準備!)
・Issueを考えるという行為の意識を外していることが多い。(常に意識!)


書き出すことで頭の中も整理できますね。
しっかり学んで行こう!
| 論理思考 | 23:59 | comments(0) | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ