どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
クリティカルシンキングDAY2:学びの整理
色々と自分に不足している点、直す必要がある点が見つかりました。
例のごとく、自分が学んだポイントを整理しておきます。
「DAY2で学んだことは何か?」

1.やっぱりIssueを考える、そしてクセを意識する。
課題をいくつか実施してみたのですが、意識すべき「Issueを考える」ことが
不足していたと思われます。
「Issueを書き出す」という習慣をつけることが大事と深く実感…
「分かる」と「出来る」は違うのですねぇ。

2.ダイレクトに伝える枠組み:相手側の立場、状況を含めて考える
枠組みは、「相手の立場」で最もダイレクトに伝わるIssueを考えることが
重要となります。
今日の晩御飯は何を作ろうか?、と考える時には、
「相手の好きなもの」、「今日はたっぷり運動した」とかを考えると
作る相手が喜ぶものに繋がるのではないでしょうか?というもの。

この際に、「相手の立場におけるIssue」を考えてみることが大事。
この「相手の立場のIssue」という考え方は汎用的で使おう!と思いました。

3.トップダウンの情報整理
論点を最初に出して、方向性を決めて情報を集めるという方法です。
どちらかというと昔読んだ「仮説思考」的な方向と感じました。
確かに、この方法を用いると情報収集の時間は少なくなりそうです。
<疑問点>
ただし、自分のドメインではない場合におけるロスも考慮する必要があるかな?という疑問点もありましたので、これから方向性を考えてみよう思いました。

4.情報整理における解釈
情報に対する実況中継では良くないということで、「自分の考え」を加えた
意味のある解釈を加えるということが重要ということです。
さらに、「言い切る」、「その他(経営などの)常識を付け加える」、
「解釈を拡大する」、という点もありましたが、まだ修行不足のようです。
ここは、これから意識して鍛えなければいけない部分です。

5.アラカルト
学んだことの何でもメモです。
・フレームワークは重要ではない。ダイレクトさに欠ける場合も。
⇒「枠組み」と「フレームワーク」で表現を分けています。
 「フレームワーク」はよく聞く「3C」や「4P」で表される先人の知恵。
 これは役に立ちますが、こればかりを使おうと思っても、
 ダイレクトには伝わらない。フレームワークにとらわれないこと!

・フレームワークを使いこなすより、新しい枠組み作り出す能力が大事
⇒フレームワークを考えるより「相手にダイレクトに伝わる枠組み」を
 短時間で考える能力を持つことが役立つということを心から理解しました。

・役に立つ課題解決の思考構成
⇒現状->原因->解決策、という枠組みは、課題解決につなげやすい。
 そういえば、仕事で無意識にこの枠組み使っているなぁ。

5.反省点と改善点
・Issueを考える!(まず書き出せ!、会議のIssueとかも考えてみる)
・トップダウンの情報整理方法を試す。
・解釈を行うことを練習代わりに仕事でも試してみる。


まだまだですね!
| 論理思考 | 00:52 | comments(0) | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ