どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
書籍紹介:クリストファー・アレグザンダーの思考の軌跡
個人的に興味がある分野の一つに「パターン・ランゲージ」があります。
以前紹介した「Test Automation Patterns」もパターンランゲージの形式ですね。

このパターンランゲージは建築家(かつ、科学者?)であるクリストファー・アレグザンダー氏が考案したものです。
そして、アレグザンダー氏がパターンランゲージの考案を含めて今までに活動を行った流れを紹介しているのが、書籍「デザイン行為の意味を問う クリストファー・アレグザンダーの思考の軌跡」です。
アレグザンダー!

こちら、非常に好きな書籍です。書籍に関連して書きたいことは沢山あるのですが、今回は簡単な紹介だけ行ってみます。
※個人の解釈なので異なっていたら申し訳ありません。
■アレグザンダー氏が目指したもの
アレグザンダー氏が目指したものは「構造についての統一概念」として、すべてのデザイン領域で「美しいモノ」、その構造を記述できるという世界です。美しいデザインというものが客観的に記述して説明可能にできる、という状況を目指していたなど。

すでに吹っ飛んでいる内容ですね。目指して突き進んでいる時点で凄すぎです。
なお、書籍から読み取る事が出来る超絶ざっくりな流れとしては、「デザインを考える」⇒「パターンでの解決にたどり着く」⇒「パターンの良さをどう判断するか?を考える」⇒「美しさ(センターの概念へ)を考える」⇒「神の領域へ」という感じで捉えているですが、これは書籍で各自で読み取って下さい。


■デザインの見方:形の合成に関するノート
デザインの方法に関する概念についての紹介がされております。
3つの段階で示される内容です。これらは、実際にモノを作る、考える際に起こりうる問題と解決方法を整理したものとして示されています。

ざっくり記載すると…
・段階1:要求に対して直接モノを作る(現実の世界)
・段階2:イメージ上で一度モノを設計する(イメージの世界)
・段階3:抽象的な表現・法則を用いたモノで表現する(形式的操作の世界)

簡単な理解としては以下のような感じですかね。

モノが小さい、作り手と使い手が同じような状況では段階1となる。
例えば、日曜大工で犬小屋や椅子を作るような段階。

そのうち、作るモノが大きくなると設計が必要となる。これが段階2。
設計図レベルでイメージを作りそのイメージでモノ作りをする。しかし、この状況でモノを作る際には、専門家しか確認が出来ない、使い手が想定と異なるモノが出来るといった状況が発生する。

この段階2で発生する問題をより抽象的な形式で解決しようとしたカタチが段階3。
何らかの法則(数式的なモノ)を用いた表現を使うことで解決を目指します。ある意味「パターン」で示そうとしている抽象的な解決方法が使われる状態が段階3ではないかと考えます。

これ、博士論文で書かれた内容なのですね…


■セミラティス構造:都市はツリーではない
我々は問題を解決する場合にはまず「ツリー構造」を用いようとします。人間の思考的にはその方が考えやすいから、という事でしょうね。
しかし、実際の都市はツリー構造の場合があるかもしれませんが、ほとんどが異なる構造です。「分割した後に交わる」という構造が発生しており、これはツリーではなく「セミ・ラティス」という構造が作られている、ということを示しています。


■認知心理学からパターンへ:パターン・ランゲ―ジ
良いと言われる構造には何らかの法則性がある、ということは黄金比を考えると「そんな気がする」かもしれません。
その良い構造の法則性について突き詰めて考えています。「例えば左右対称のような記憶しやすいカタチ」があり、そのような良い構造が存在することを考えます。その良い構造が「パターン」として示すことが出来のではないか?という流れからパターンランゲージに進んでいます。

「良い構造」が存在していると仮定した上で、その構造をデザインするプロセスがあることで、良い構造を生み出すことが出来るようになります。このデザインに対するアウトプットとプロセスがパターンランゲージとして整理されています。
パターン単体は、とある課題に対する解決が示されます。そのパターンが組み合わさってより良い解決につながる。それはパターンが広がって「ランゲージ(言語)」の形式でシステム化されるという考え方です。このランゲージの構造はセミラティス的です。

Wikiが広がっている様子(個々はパターン、Wiki全体はパターンランゲージで繋がりがある)がまさに「パターンランゲージ」であるという話を2015年12月のAgile Tour Osakaで聞くことが出来ました。


■(パターンの)良さの追求:Nature of Order
IT側では盛り上がってきていますが、建築側ではパターンランゲージは成功したとは言えない状況でした。
この状況に対して、デザインが「良い」と考える基準はなんだろうか?という考えに向かいます。「生き生きとした構造」をいくつか示したで、「生き生きとした」モノが持つ共通的な何かが存在するという方向です。

そして「センター」という概念に到達します。センターに関しては説明しきれませんので、書籍で確認ください^^
このセンターにおける特徴を15個に整理することで「生き生きとした」「美しいモノ」を考える整理を行っています。

ここで、さらにセンターの構造が何故生き生きとして、美しいか?と言う点に関しては「神」の領域になるとのことです。(Nature of Order第4巻に記載とのことです)



このように、パターンランゲージから美しさの考え、神の領域に至るまでの紹介となっています。天才的な科学者から多数のアウトプットに繋がる人生や哲学まで見ることが出来る良書です。
なお、パターンやアレグザンダーの考え方に興味がないと眠くなる本かもしれませんので注意かもしれませんね^^
| 読書 | 20:37 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ