どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
SEが読んでみる「クリストファー・アレグザンダーの思考の軌跡」その
書籍紹介として「クリストファー・アレグザンダーの思考の軌跡」について記載しました。

この書籍内容に関しては、IT系の開発や活動においても役立つ考え方が多数ありますので、特に気になった項目を中心にいくつか紹介しておきます。
そのイ箸靴董△茲Δ笋「パターンランゲージの話」です。

今までの話で結構個人的には整理できましたので、今回はむしろ簡単に記載します。そして、パターンランゲージを何となくでも知っている人向けの内容なので、細かい説明は省きます。
パターンランゲージに関しては、他に書籍も沢山ありますからー。
コンテンツは以下。
・「フォース」の考え方
・デザインでの解決
・個々のパターンの表記ルール
・パターンランゲージへ


前回の内容からはちょっと飛躍します。
「ノート」では要求に対して形を考える方法がない、ということを指摘されていました。
また、コンテキスト≒要求に対してのツリー構造での分解は、綜合プロセスが困難です。
そのため、別途構造をデザインするプロセスを考えることにしました。


■「フォース」の考え方
アレグザンダーはデザインをどのように考えるか?を「デザイン・プログラミング」と呼び再考しました。このデザイン・プログラミングで完成したものがパターンランゲージとなります。

この作業は一度デザインがニーズから導かれるもの、という点から再スタートをします。
しかし、以前軽く触れたように「ニーズ」と言う表現は曖昧です。

そこでニーズの捉え方として「傾向」という考え方をしました。
「人は本を読む場合にはイスに座る傾向がある」といったようなものを「傾向」と呼びます。この「傾向」が分かることで、客観的にデザインをすることを考える事が出来るというものです。

この表現ですが、人の場合は「傾向」です。これをさらに自然現象や社会的システムの場合にも適用できるように「フォース(力)」と名付けられております。
人の傾向、社会システムにおける力の発生、これらは砂漠や砂丘に見られる「風紋」のように形を変える力(フォース)を発生させます。

なお、実際の現場で表現を共有する場合は、「フォース」というと某映画で覚醒したのかとも思われますので、傾向とかクセとか別の表現の方が良いかもしれません。


■デザインでの解決
さて、傾向・フォースからデザインによる解決に移ります。
デザインが必要とされる状況は「2つ以上の傾向が衝突(コンフリクト)している状態」と定義しています。

「人は本を読む場合にはイスに座る傾向がある」
「布張りのイスに長く座ると腰が痛くなる傾向がある」

これらはある意味のコンフリクトです。
こちらを解決させるものが「長く座っても腰が痛くならないイス」というデザインによる解決となるのではないでしょうか。


■個々のパターンの表記ルール
砂地の上に一定の風が吹いている状況が発生したならば、風紋が発生します。

この砂漠の風紋のように、フォース(砂漠の地形と風)によって解決した形(風紋)が出来ます。
これを記載ルールとして整理したものが個々のパターンの表記ルールになります。

フォース(F)があらわれる状況(S)ならば、この形(R)を実現する、という表記です。
砂地の上に一定の風が吹いている状況が発生したならば、風紋を実現する、という表現が例になりますね。

実際のパターンランゲージでは、上記以外を含めて以下のフォーマットで表現を行っております。
なお、井庭先生が提示している「パターンライティングシート」を用いると分かりやすいです。

パターンランゲージのフォーマット
・パターン名
・コンテキスト(上記Sに相当):問題が発生する状況
・フォース(上記Fに相当):問題につながる傾向、複数の傾向の衝突
・問題:上記のコンテキスト・フォースにより発生する問題点
・解決:問題に対しての解決方法
・結果(上記Rに相当):問題が解決された(生き生きした)状況

上記でそれぞれのパターンを作り出すルールが展開されています。
実際に、「何からの解決策」や「傾向」を上手に名前付けして整理することは、チームメンバーとの意志疎通にも有効になります。パターン的な思考を常に使うことで考え方を身につけると問題解決の場で役に立つのではないでしょうか。


■パターンランゲージへ
個々のパターンのルールを説明しましたが、実際のパターンランゲージはアレグザンダーが建築向けに提案したもので253ものパターンが提示されております。

パターン1つのみでは建築における課題は解決できません。複数のパターンが必要となりますが、この複数のパターンの発生は木の葉の形成や、遺伝システムのような形で繋がっていきます。
これは、それぞれのパターンが組合わさって「言語」のような組合せ、関連性を持ちながら結合します。このようにパターンが広がっていく様子を「パターンランゲージ」として名前付けられたということです。

ランゲージへの展開に関しては、理解の度合いは低いので…軽く流します^^



さて、パターンランゲージはこのくらいにしておきます。
実際にパターンとして整理して流用可能な知見を構築する作業はとても重要です。
その際に、考え抜かれたフォーマットとしてパターンランゲージの形式を用いることは整理の速度を上げて役に立つはずです。
チーム内でのプロジェクト的なパターンランゲージでも良いです。これは、プロジェクトランゲージとも呼ばれております。

上手に活用して、そこから多くの人に役立つ知見が多数紹介されるようになると楽しいでしょうね!
| パターンランゲージ | 15:52 | comments(0) | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ