どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
書籍紹介:財務3表シリーズ
財務・会計関連の勉強をしてみた際に役立っている本、財務3表のシリーズの紹介です。
財務諸表となる損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)、キャッシュフロー計算書(CS)の関連性を明確にした上で、その意味と読み方を非常に簡単に理解できるような説明を行ってくれる書籍となります。

一体です。

財務3表一体理解法:関連性と、実際の業務を想定したそれぞれの帳票の変化から理解を促してくれます。
財務3表一体分析法:理解法で示した方法で、実際に分析を行う方法を実演的に示してくれます。
「一体理解法」では、実際に会社を興して資材を購入し販売する際に財務3表がどのように変化するか?というものを、財務3表の変化状況のシミュレーションをしながら解説しております。
この内容を見ることで、実際の財務諸表の意味と変化の影響、そこから判断できる読み方を知ることが出来ます。
会計を知っていないと「売上は黒字だけどキャッシュが足りなくて倒産してしまうこともある」といった部分はあまりイメージがしづらいかもしれません。
ですが、こちらの書籍を読むことで理解でき、対話できるレベルになりそうです。

分析法では、実際の会社の財務諸表を対象に分析・比較を行っております。
株におけるファンダメンタル分析のような財務状況の分析においては1社のみの状況を分析するだけでは判断が難しく、同一業界の複数社の比較も必要ということで、いくつかの業界における分析内容を詳しく示していただいております。

少なくとも2冊分の知識で「財務諸表が、読める、読めるぞッ!」という状況になると思います。
この知識をベースに、他の財務的な分析の理解を深めると良いかもしれません。

さらに。
書籍に記載の分析方法ですが、以下の本でツールが紹介されております。
CD-ROMでツールもついてきております。
・財務3表一体分析法ソフト「図解の達人」

達人ッ!


こちらのツールですが、最新版としては「財務が見え〜る」という名前でシェアウェアとして展開されております。
実際に書籍とセットで分析をしながら学習することで、より理解が深まるのではないでしょうか。

他にも本書籍の著者による財務3表シリーズがあるみたいですね。
そちらも読んでみるとより理解が深まるかもしれません。読んでみよっと♪
| 読書 | 09:46 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ