どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
CCPMのおはなし:はじめに、予定している構成とその概要
最近CCPM(Critical Chain Project Management)に対していろいろ情報を整理していたのですが、文書としてまとめておくと(自分的に)便利だろうと考えました。
まとめる方法は色々あったのですが、少しずつ積み重ねのできるBlogに残しておくことにします。

なお、多数の項目の紹介を予定しており、何回(何十回?)にもに分けて紹介することになりそうですので、まずは紹介内容をざっくりと整理しておこうと思います。

※全記事完了しましたので、こちらにリンクをつけておきます。
CCPMのおはなし5(まとめ編):全体のリンクと推奨の使い方
■ターゲット(情報の受け手)の前提

まず、前提として主に以下のような人たちが対象という想定をしております。
・CCPMってとりあえず聞いたことがあるけど、どんなものか知りたい
・チームでCCPMを試してみたい
・現場でCCPMをやっているけど原理を知ってみたい
・CCPMやってるけど、もっと上手くやる案とか無いかな?という人

このような、”主に現場で実活動する人たち”をターゲットとしております。
そのため、組織的にCCPMを取り入れて大きな活動を行うような場合については対象外という想定で進める予定ですので、ご了承ください。


■紹介する(予定の)内容と概要

※以下の構成から変更となる可能性がありますのでご了承ください。

大きく4部(+まとめ)に分けて紹介する予定です。各部の内容については以下の内容について紹介する予定です。


■1.紹介編
【内容】
CCPMの超概要的な紹介(”こんな感じ”というレベル)から、実際の企業における実践例、ツールの紹介、CCPMを学ぶ方法(書籍やWeb情報)を紹介する予定です。
ざっくりとCCPMって何だろうか?ということが分かる程度の軽い内容とします。

【ターゲット】
主にCCPMを知りたい人やCCPMを導入するための説明や背景を用意したいような人が使える内容にすることを考えております。


■2.原理編
【内容】
CCPMはプロジェクトマネジメントの知識体系をベースとしてTOCの考え方を取り入れた手法であると(自分は)解釈しております。CCPMではターゲットとする問題を明確に捉えた上で解決策を提案するという論理的な手法となっています。
以上から、TOCの概念とプロジェクトマネジメント体系を簡単に紹介したうえで、プロジェクトマネジメントの体系を取り入れることで発生しやすい傾向と、CCPMが取り扱う課題とその解決方法について紹介してみます。

【ターゲット】
主にCCPMを深く知ることでより効果を上げたいと考えている人向けになります。こちらの内容は飛ばして実践編をやってみてから、改めて原理を見直して貰うのも良いです。


■3.実践編
【内容】
CCPMを実際にやってみる方法を、簡単な例を用いながら紹介してみます。
具体的な例とセットにしておきますので、とりあえずチーム内や個人のレベルでお試しとして小さくやってみることが出来るような内容とする予定です。

【ターゲット】
「とりあえずCCPMやってみたい!」という人が対象です。
原理編を読まなくても出来る手順を紹介しますが、原理編を理解した方がより有効な活動が出来るようになるはずです。


■4.応用編
【内容】
実際にCCPMに取り組んだ際に直面する可能性がある問題に関しての考察をいくつかまとめておきます。CCPMが効果を出しやすい適用先や発生しやすい問題、その解決策のパターンといったものを紹介してみます。
CCPMをやってみた人が効果をさらに上げるためのヒントとなればと考えております。

【ターゲット】
実際にCCPMをやったことがある人が対象です。
そのため、説明も実践前提になりますので、実践していない人が見ると理解しづらい内容となるかもしれません。


■5.まとめ編
作成した内容のリンクをまとめる予定です。


さて、しばらくの間、Blog更新をCCPMに集中して進めてみます。
| TOC/TOCfE/CCPM | 18:48 | comments(0) | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ