どしろうと製作所:WebLog

どしろうと製作所のBlogバージョンです。
「どしろうと製作所」のHPの記載内容とはあまり関係無いです。
気が向いたときのみ更新します。
テストカタマリーの紹介5:カタマリーパターンの活用
「テストカタマリー」と呼ぶ謎の記法をについての紹介シリーズです。
今回は「テストカタマリー」をさらに活用するための「パターン」について紹介してみます。

※注意事項
・本記事ではテストカタマリー「記法」に対する説明を優先しております
・テスト設計の手順を紹介するものではありません

関連記事のまとめはこちら

現状、テストカタマリーの記法はある程度決めておりますが、より良いアイデアがありましたらバージョンアップしていきたいと思っております。
なにかありましたら、Twitterあたりで「@NoriyukiMizuno」にコメント頂ければ改善してみたいとも考えております。


「単に共通部分を抜き出したものをパターンとは呼ばないよ」という方もおられそうですので、よりパターンっぽい例を紹介してみます^^


■パターンの活用例

パターンは単純に機能間に渡る共通部分を抜き出すことにも役立つかもしれません。
共通部分のパターン
※クリックで拡大

上記は共通部分を単純に抜き出している表現となります。

ただ、より効果的な使い方は、より大きなテスト対象に対して検討する際に典型的なパターンに分類して活用する場合であると思われます。
具体的に例を示してみましょう。

前回にも紹介しております「カラオケシステム」で考えてみましょう。
DFDで全体像を示してみると、それなりに大きな対象となります。
DFDの参考
※クリックで拡大

この対象に対して、品質特性の要素全てを考えようとするだけでも結構厄介です。では、機能をいくつか分類して考えてみるとどうでしょうか?
パターン設定
※クリックで拡大

例えば、カラオケシステムでは「ユーザとの接点」や「外部システムとの接点」となる機能や、大量データやCPUやハードウェア負荷の大きな処理をするため「制約」があると判断される機能が存在します。

これらの機能の特徴により、テストでの「確認や保証を行う品質要素」の組合せもある程度決まってくるのではないでしょうか。

この機能に対する分類に対して、あらかじめ「確認や保証を行う品質要素」の組合せを割り当てて、以下のように設定を行ってみました。
パターン一覧
※クリックで拡大

この組合せを予め決めた入れ物を用意しておくことで、各機能の分類に対してのテストの検討の絞り込みや、知見を収集することによる活用が出来そうです。
これが「パターン」として最も役立つ部分であろうと考えます。


■パターンの記法と使い方

パターンの記法は既に紹介しておりますので軽く程度にします。
シンプルなパターン例
※クリックで拡大

記述方法は見ると分かりますので省略します。
ステレオタイプは少々冗長のように見える場合もありますので、状況により省略しても問題ないでしょう。

パターンの継承を行ったカタマリーは、「確認や保証を行う品質要素」を引き継ぎ、具体化を行います。
この際、パターン側の「確認や保証を行う品質要素」は必ずしも全て使われるわけではありません。また、パターン側に存在しない「確認や保証を行う品質要素」を追加する必要もあるでしょう。
追加・不要の例
※クリックで拡大

記法的には上位のパターン項目を可視性「-」として抜いて、追加分の可視性を「+」とすることで明示的に追加を示すようなことは可能です。

ここで「追加したり減らしたりするんだったらパターンは不要では?」という意見もあるかもしれません。
この意見に対しては、検討に対してある程度(6割〜8割)の項目が予め用意されている…ということは、検討の手間を減らして、より必要な部分の検討へ集中へ促すという点から有効という考えです。

実際、最初に絞り込むことで検討に対しての負担感を減らして集中に繋がりますし、パターン自体に知見を取りこむことで徐々にバージョンアップも出来ますので、効果的に使うことが出来ます。


■パターンの効果と役立ちどころ

既に「絞り込みにより集中できる」という点は紹介しておりますが、それ以外の効果や役立ちどころについて紹介してみます。

1.知見の収集ができる
紹介した「機能の分類に対するパターン」といったものは、ドメインや製品に対して設定する内容となります。このパターンは、既存のテストケースからリバースすることで作成も出来ますし、パターンから実際にテストを作った結果をフィードバックすることで、さらにリファイン出来るはずです。
このように、PDCAをまわしながら知見を溜めるためのベースとしてパターンを使うことが出来ると思われます。

2.分担に役立つ
テスト対象に対して「確認や保証を行う品質要素」を設定できるような人は限られることが多いです。
そのような知見を持つ人のリソースを最大限に活用するために、パターンのような検討を優先して貰い、細かい検討は別担当者にお願いする…というような分担が出来そうです。
このように、限られた優秀な知識を最大限に活用するためにも役立てることが出来そうです。


■パターンを活用した全体カタマリー図の表記

パターンを「確認や保証を行う品質要素」の組合せセットという視点で考えると、全体カタマリー図をよりスッキリと見せることが出来るようになります。
下記のカラオケシステムに対する全体カタマリー図は、「確認や保証を行う品質要素」を各カタマリーでは示していませんが、「パターン」側で分かるようにしております。
パターンは品質要素のセット
※クリックで拡大

汎化の矢印で示している部分も有りますが、矢印を増やさないために一部は点線で囲った範囲でパターンを適用していることを示しています。
※この書き方は好まない方もおるかもしれませんが…

上記のようにすることで、全体像を俯瞰しやすく出来るのではないでしょうか。

このように「パターン」を活用することでより検討や確認をやりやすくする…ということが出来そうです。


以上でテストカタマリーという記法の説明は終了です。
次回、今までの記事をまとめて終わりにします。
| 技術 | 14:46 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ